うつ病と休職とお金(不労所得)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは鬱かもしれないですか?


はい/いいえ
ENTER/EXIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

メンタルクリニック・精神科医の選び方

多くの人達が、よりよい医療を求めて、ドクターショッピングを続けてます。私も4回ほど転院しました。
それは極言するならば、「まともなところが少ない」からだと思います。

ここで、私の経験をふまえて、良い医療の見分け方を列記してみましょう。

1)医師による説明(病名、治療法、予後、処方薬........等)がきちんとされているかどうか。

2)症状だけを聞き、生活背景や生育歴などには立ち入らない.........つまりケースワークが無いところは、単なる「薬屋さん」であろう。

3)薬の説明、副作用等をきちんと説明してくれる医師は○

4)威圧的な医師はダメ。

5)電話でもいいので調子が悪い時は相談してください。という医師は○

6)簡単なものでよいので、「うつ病の症状」や「うつ病の療養の仕方について」等のプリントを渡してくれる医師は○

7)処方がややこしい医者。例えば、(朝、昼、夕)の薬と眠前薬と、(朝、夕)の薬と朝だけの薬.........とかを、整理せずにゴチャマゼに処方する医者はダメ。

8)患者本人が、「休職を」と言えば休職、「復職を」と言えば復職の診断書を書いてしまう医師には、主体性がないのでダメ。

9)診察時間が2~3分で終了してしまう医師はダメ。


あたりまえのことですが、きちんと話を聞いてくれる医師が一番だと思います。
また、知り合いにうつ病の方がいらっしゃれば、その方に病院を教えてもらうのもよいかもしれません。
大抵のクリニックは、予約制ですので、事前に電話で確認して診察日を決めておいてください。


励みになります。クリックお願いします

スポンサーサイト

精神科で受診する

うつの症状が出始めたら、早めに精神科に行くことをお勧めします。
特別に必要なモノはないです。普通の病院へ行くときと同じで,基本的には保険証と財布だけ持っていけばいいでしょう。特別キレイな格好をする必要もありませんし,大金も要りません(1万円前後持っていけばまず足りないことはないと思います→お金についてはこちらも見て)。身体的な診察もされることがあるので下着は着替えていきましょう。

病院によっては初診でも予約が必要なことがあるので,確認が必要です。せっかく勇気をふりしぼって出かけたのに「予約がないから出直して」などと言われたらそれだけで落ちこんでしまいます。

紹介状を持っている場合は忘れずに持参。持ってない場合は,大体次のことは確実に尋ねられますので,答えられる心の準備をしておくといいでしょう。まあ多分,紹介状を持ってても改めて訊かれるとは思いますが。


一番困ってること・症状は何か
それはいつからあるか
悪くなってきてるのか,マシになってきてるのか,変わらないのか
社会的機能(仕事・学校など)にどのくらい影響が出てるか
きっかけはあったか
その症状に対してあなた自身はどのように受け止め,対応してきたか
その結果はどうだったか
周囲の人/家族には話をしているのか
症状に対して悪影響を及ぼしている因子には何があるか
親族にうつ病の方はいるか
どういう風に治療して行きたいか,あなた自身に特別な希望があるか

これらが一番大事なことで,次は補足的な情報です。


あなたのこれまでの略歴(生い立ち,教育歴,職歴など)
既往歴(これまでに心身の大きな病気をしたことがあるか)
家族歴(家族構成,家族の既往歴など)
薬剤アレルギーなど特異体質の有無

主治医にもよりますが,結構根掘り葉掘り訊かれます。大学病院などではこれを2回やられることも。
でも,どうしても答えたくないこと,言いたくないことは黙秘権行使OKです。主治医としてはなるべく多くの情報が欲しいのが正直なところですが,あまりムリに答える必要はありません。そのうちゆっくり話して下さい

口頭で答えるのが難しければ,メモを用意して行くことをお勧めします。また,あまりしんどければムリに一人で行こうとせず,家族や事情を知っている友人につきそってもらうのがベターです。

初診の場合は,すぐ呼ばれる病院とかなり待たされる病院があります。念のため時間つぶしにちょっとした文庫本か雑誌ぐらいは持っていった方がいいでしょう。すぐに32条の申請などをする必要がある人は書類や認め印も持参のこと。

最初に「問診票」というアンケートみたいなモノを書かされたり,簡単な心理検査をされることもよくあります。
お薬手帳を持っている方は持参しましょう。医師がこれから処方する薬とリンクして考えますので重要です。

初診の診察時間はだいたい30分から1時間ぐらいです。でもアッという間に終わると思います。診察が済んだら支払いを済ませて薬局でおクスリもらって終了です。

最後に一つ。別に「いい患者さん」を演じる必要はありません。診察室では正直なあなたのままを診させて下さい。


励みになります。クリックお願いします




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。