うつ病と休職とお金(不労所得)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは鬱かもしれないですか?


はい/いいえ
ENTER/EXIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

うつは神経の病気

うつ病にはいろいろなタイプがありますし、また原因も原因もいろいろと言われていて定まっていません。統合失調症やパニック障害、認知症など他の病気としてうつ状態になることもあります。

ただ事実として、うつ病の脳では「神経伝達物質」が通常より少なくなっていることがわかっています。

脳は、約1千億の神経細胞からできています。そして、ひとつひとつの神経細胞同士は、直接つながっているわけではありません。神経細胞同士の結び目には、ほんの少しの隙間があります。

それでは、どうやって神経細胞同士が情報を伝達するかというと、二つの神経細胞は、さまざまな「神経伝達物質」によって情報をやり取りしているのです。

無題

特に、心を元気にしたり、活力を生み出したりするときに使われる神経伝達物質は、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」です。

ところが、うつ病の人は、どういうわけかセロトニンやノルアドレナリンの量が少なくなってしまいます。そこで元気がなくなったり、食欲不振や不眠などが起こってしまいます・
スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2012/08/12 16:08 * [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


まとめtyaiました【うつは神経の病気】
うつ病にはいろいろなタイプがありますし、また原因も原因もいろいろと言われていて定まっていません。統合失調症やパニック障害、認知症など他の病気としてうつ状態になることもあ... まとめwoネタ速neo[2012/05/13 19:36]
まとめ【うつは神経の病気】
うつ病にはいろいろなタイプがありますし、また原因も原因もいろいろと言われていて定まっていません。統 まっとめBLOG速報[2012/11/04 12:14]
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。