うつ病と休職とお金(不労所得)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは鬱かもしれないですか?


はい/いいえ
ENTER/EXIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

うつ病を性格タイプから考える(社交・温厚型)

このタイプはどちらかというと社交的で温厚な人柄、だったりします。
ユーモアのセンスもあり、人望も厚く、おおよそうつ病と関係がありそうには見えなかったりします。

しかし、それは人の意見をよく聞き、自分の我を通さないから、という点があるのです。
つまり、どちらかというと状況に流されやすい性格とも言えます。時には、「行動は早いけれどもう少し考えて欲しい」「あの人、本当はどうしたいのだろう?」 という印象も、時に周囲に持たれてしまうこともあるようです。

しかし、周囲の人望は篤く、リーダーシップがあるようなタイプです。また、その反面、内心は優柔不断なところがあり、時にその反動から、1人になってしまった時などに、周期的ににひどく憂鬱な気分となって落ち込んでし
まいがちです。

できるだけ大勢の人の意見をまとめようと思ってしまい、そのせいで、色々な場面で板挟みになってしまうことも多く見受けられます。

――さて、以上色々と性格の事を書きました。思い当たって落ち込んだりしていませんか?
自分だけがこういう性格だと、今まさに思っていないでしょうか?
こういう方は、世の中にたくさんいらっしゃいます。ただ、人は自分の性格を誰かに詳しく説明するという事がありません。したとしても、突然そのように言われて、きちんと自分を把握している人の方が珍しいかと思います。
今回性格の件を書いたのは、そうした自分の性格をよく理解して頂き、正しく自分と向かい合って頂きたいからです。
医師はあなたに様々なアドバイスをしてくださり、薬を処方してくださる事でしょう。そして、それらをより効果的にするためには、まず自分を知って、対策を立てる事が大切なのです。

励みになります。クリックお願いします

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。